頬骨再手術

頬骨再手術

顔面輪郭再手術は、
正確な原因分析と効果的で安全な手術方法を保有する経験豊富な
輪郭再手術専門医から手術を受けることが大切です。

顔面輪郭再手術を選択する際のチェック事項

  • 再手術の経験が豊富な 専門医による手術執刀

    顔面輪郭手術は、手術の視野が狭い 上に深く、良く見えないため、非常に 難しい手術です。最初の手術を受け てから筋肉の癒着や骨の吸収過程が 起こるなど、変形があって再手術の 経験がない場合、不必要な出血が起 こる可能性があります。そのため、顔面輪郭再手術の場合、さらに専門性が必要となります。

  • 1次手術後、3DCTを使っ て顔の骨と筋肉の構造の 変化を綿密にチェック

    再手術の場合、既存の顔面輪郭の骨が 吸収されたり、周りの軟部組織が癒着 している場合が多いため、構造を 正確に把握して手術の計画を立てる 必要があります。

  • 正確で安全な手術が 可能な安全システム

    再手術は非常に複雑で困難である ため、現在の状態を綿密に分析して 安全を最優先させるシステムと再手 術の経験と技術がなければなりま せん。

ブラウンの頬骨再手術とは?

1. 世界的に認定された整形外科学術誌に論文掲載

ブラウンの医療スタッフが 直接開発、論文掲載 リフティング3D頬骨回転術

2015年整形外科最高権威の学術誌 「The Journal of Craniofacial Surgery」 リフティング3D頬骨回転術に関する論文

ブラウン整形外科の医療スタッフは、顔面輪郭、鼻整形の技術力を認定されて、最高権威の学術誌JCS [The Journal of Craniofacial Surgery] に二重台形切骨術によるリフティング3D頬骨回転 術に関する論文を掲載し、ブラウン独自の 先進顔面輪郭、鼻整形技術により世界中の 医療スタッフの注目を集めました。

2. 3年連続大韓整形外科学会 国際学術大会発表

研究する整形外科、ブラウン整形外科

< 2011大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表 >
頬骨縮小術-台形切骨による回転式頬骨縮小術

< 2013大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表 >
第16回大韓頭蓋顔面整形外科学会 学術大会
外側固定によるリフティング3D頬骨回転術

< 2015大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表 >
第73回大韓整形外科学会 国際学術大会
第18回大韓頭蓋顔面整形外科学会 学術大会
頬骨切除術による頬骨再手術

3. 代表院長が直接手術する信頼できる整形外科

ブラウン整形外科で行われている 顔面輪郭手術はすべてキム・テギュ 代表院長が直接執刀します。

ブラウンで顔面輪郭手術を受けられるお 客さまは全員、キム・テギュ院長が最初から最後まで 直接手術を執刀します。手術前のカウンセリングから手術後の経過観察まで、全過程をキム・テギュ院長に直接ご相談いただけます。キム・テギュ院長は、ㅅ字骨切り術、あご延長ㅅ字骨切り術、30分頬骨固定術、口元エラ骨削り、顔面輪郭鼻整形など、ブラウンの顔面輪郭のすべての代表的な手術を 直接考案し、着実に研究と学術活動を続けて、韓国の顔面輪郭分野の整形技術力をリードします。

頬骨再手術が必要な場合

1. 頬骨縮小効果がない場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

A. 前頬骨(45度頬骨)、横頬骨すべて効果がない場合

[CASE1] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨がすべて効果がなく、頬骨が垂れ下がったケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨すべて効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE3] 非固定式頬骨縮小術を行った後、手術の痕跡が少し残っているだけで、ほとんど効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE4] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨がすべて効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE5] 非固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨がすべて効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

B. 横頬骨に縮小の効果がない場合

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、横頬骨縮小効果がほとんどないケースで、30分頬骨固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、縮小効果がほとんどないケースで、30分頬骨固定術を行いました。

2. 頬骨が下がり頬のたるみができた場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり頬のたるみが生じたケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり頬のたるみが生じたケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE3] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり右側の横頬骨骨切りにより頬のたるみと一緒に右側の 頬骨の横の部分が陥没したケースで、右側の頬骨再建手術とリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE4] 非固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり頬のたるみが生じたケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

3. 頬骨の横の部分またはこめかみ部分が陥没したり階段現象が生じた場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、骨を削りすぎて頬骨が骨折してへこみ、皮膚が陥没したケースで、頬骨再建手術と同時にリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、骨を削りすぎて頬骨が骨折してへこみ、皮膚が陥没したケースで、頬骨再建手術と同時にリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE3] 固定式頬骨縮小術を行った後、深刻な階段現象が起きてこめかみ部分が陥没したケースで、頬骨再建手術と同時にリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

4. 左右非対称が起きた場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、効果がなくかえって非対称が生じたケースで、リフティング頬骨回転術を行いました。

5. 頬癒合により頬骨が下がって広がった場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE1] 固定式頬骨縮小術を行った後、頬癒合により左側の頬骨が落ちて隙間ができたケースで、頬骨再建術と同時にリフティング頬骨回転術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、頬癒合により左側の頬骨が落ちて隙間ができたケースで、頬骨再建術と同時にリフティング頬骨回転術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の3DCTです。

[CASE3] 非固定式頬骨縮小術を行った後、頬癒合による左側の頬骨が落ちて隙間ができたケースで、頬骨再建術と同時にリフティング頬骨回転術を行いました。

頬骨再手術

頬骨再手術

顔面輪郭再手術を
選択する際のチェック事項

  • 再手術の経験が豊富な 専門医による手術執刀

    顔面輪郭手術は、手術の視野が 狭い上に深く、良く見えないため、非常に難しい手術です。最初の手術を受けてから筋肉の 癒着や骨の吸収過程が起こるな ど、変形があって再手術の経験が ない場合、不必要な出血が起こ る可能性があります。そのため、顔面輪郭再手術の場合、さらに 専門性が必要となります。

  • 1次手術後、3DCTを 使って顔の骨と筋肉の 構造の変化を綿密に チェック

    再手術の場合、既存の顔面輪郭 の骨が吸収されたり、周りの軟部 組織が癒着している場合が多い ため、構造を正確に把握して手術 の計画を立てる必要があります。

  • 正確で安全な手術が 可能な安全システム

    再手術は非常に複雑で困難で あるため、現在の状態を綿密に 分析して安全を最優先させるシ ステムと再手術の経験と技術が なければなりません。

ブラウンの頬骨再手術とは?

1. 世界的に認定された整形外科学術誌に論文掲載

ブラウンの医療スタッフが直接開発、論文掲載 リフティング3D頬骨回転術

2015年整形外科最高権威の学術誌 「The Journal of Craniofacial Surgery」 リフティング3D頬骨回転術に関する論文 ブラウン整形外科の医療スタッフは、顔面輪郭、鼻整形の技術力を認定されて、最高権威の学術誌JCS [The Journal of Craniofacial Surgery]に二重台形切骨術に よるリフティング3D頬骨回転術に関する論文を掲載し、ブラウン独自の先進顔面輪郭、鼻整形技術により世界中の 医療スタッフの注目を集めました。

2. 3年連続大韓整形外科学会 国際学術大会発表

研究する整形外科、ブラウン整形外科

< 2011大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表 >
頬骨縮小術-台形切骨による回転式頬骨縮小術

< 2013大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表 >
第16回大韓頭蓋顔面整形外科学会 学術大会
外側固定によるリフティング3D頬骨回転術

< 2015大韓美容整形外科 国際学術大会学会発表 >
第73回大韓整形外科学会 国際学術大会
第18回大韓頭蓋顔面整形外科学会 学術大会
頬骨切除術による頬骨再手術

3. 代表院長が直接手術する信頼できる整形外科

ブラウン整形外科で行われている 顔面輪郭手術はすべてキム・テギュ代表院長が 直接執刀します。

ブラウンで顔面輪郭手術を受けられるお客さまは全員、キム・テギュ院長が最初から最後まで直接手術を執刀します。手術前のカウンセリングから手術後の経過観察まで、全過程を キム・テギュ院長に直接ご相談いただけます。キム・テギュ院長は、ㅅ字骨切り術、あご延長ㅅ字骨切り術、30分頬骨固定術、口元エラ骨削り、顔面輪郭鼻整形など、ブラウンの顔面輪郭のすべての代表的な手術を直接考案し、着実に研究と学術活動を続けて、韓国の顔面輪郭分野の 整形技術力をリードします。

頬骨再手術が必要な場合

1. 頬骨縮小効果がない場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

A. 前頬骨(45度頬骨)、横頬骨すべて効果がない場合

[CASE1] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨がすべて効果がなく、頬骨が垂れ下がったケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨すべて効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE3] 非固定式頬骨縮小術を行った後、手術の痕跡が少し残っているだけで、ほとんど効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE4] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨がすべて効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE5] 非固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨と横頬骨がすべて効果がないケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

B. 横頬骨に縮小の効果がない場合

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、横頬骨縮小効果がほとんどないケースで、30分頬骨固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、縮小効果がほとんどないケースで、30分頬骨固定術を行いました。

2. 頬骨が下がり頬のたるみができた場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり頬のたるみが生じたケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり頬のたるみが生じたケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE3] 固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり右側の横頬骨骨切りにより頬のたるみと一緒に右側の 頬骨の横の部分が陥没したケースで、右側の頬骨再建手術とリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE4] 非固定式頬骨縮小術を行った後、前頬骨が下がり頬のたるみが生じたケースで、リフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

3. 頬骨の横の部分またはこめかみ部分が陥没したり階段現象が生じた場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、骨を削りすぎて頬骨が骨折してへこみ、皮膚が陥没したケースで、頬骨再建手術と同時にリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、骨を削りすぎて頬骨が骨折してへこみ、皮膚が陥没したケースで、頬骨再建手術と同時にリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE3] 固定式頬骨縮小術を行った後、深刻な階段現象が起きてこめかみ部分が陥没したケースで、頬骨再建手術と同時にリフティング頬骨回転術と外側固定術を行いました。

4. 左右非対称が起きた場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE1] 非固定式頬骨縮小術を行った後、効果がなくかえって非対称が生じたケースで、リフティング頬骨回転術を行いました。

5. 頬癒合により頬骨が下がって広がった場合

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE1] 固定式頬骨縮小術を行った後、頬癒合により左側の頬骨が落ちて隙間ができたケースで、頬骨再建術と同時にリフティング頬骨回転術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE2] 固定式頬骨縮小術を行った後、頬癒合により左側の頬骨が落ちて隙間ができたケースで、頬骨再建術と同時にリフティング頬骨回転術を行いました。

下の写真はキム・テギュ院長が手術を行った実際の事例者の 3DCTです。

[CASE3] 非固定式頬骨縮小術を行った後、頬癒合による左側の頬骨が落ちて隙間ができたケースで、頬骨再建術と同時にリフティング頬骨回転術を行いました。

  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi
  • TOP BUTTON
  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi