3D-CT鼻整形

3D-CT鼻整形

ブラウンが有名な理由、それは!鼻整形専門の3DCTで、
より完璧な鼻整形を行います。

ブラウンの3D-CT鼻整形とは?

1. 世界的に認められている整形外科学術誌論文に記載

ブラウンの医療スタッフが直接開発 して論文に掲載 ブラウン整形外科の最先端の 技術力による顔面輪郭、鼻整形手術

ブラウン整形外科の医療スタッフは、鼻整形の 技術力を認められ、最高権威の学術誌PRS [Plastic and Reconstructive Surgery Global Open] に2013年3D-CTを使った突出口鼻整形、両顎後論文 を掲載して、ブラウン独自の最先端の鼻整形の技術力 で世界中の医療関係者の注目を集めました。

2. 5年連続で大韓整形外科学会 国際学術大会発表

研究する整形外科、
ブラウン整形外科

2011年 鼻整形における3D-CTの有用性
2012年 3D-CTを使った骨折した患者様の鼻整形術
2013年 3D-CTを使った鼻整形術
2014年 3D-CTを使った突出口鼻整形、
    両顎後の鼻整形
2015年 3D-CTを使った鼻の再手術

なぜ?3D-CT撮影が必要なのでしょうか?

鼻整形専門の3D-CTを使って正確に分析して、最も安全で美しい鼻を完成させます。
一般的なカウンセリングでは確認できない鼻の骨や鼻中隔軟骨、非対称などを立体的に分析します。特に再手術の場合、プロテーゼなどの挿入物の形や異常な点を確認することができ、鼻の内側の鼻中隔湾曲症などの機能的な部分までチェッ クして、正確で安全な手術計画を立てることができます。

一般の鼻整形は分からない。3D-CT鼻整形は分かる!

A. 鼻中隔軟骨の様々な形や大きさを分析

鼻中隔軟骨を使って鼻整形を行う際、手術前の鼻中隔軟骨の様々な形や大きさを分析して、正確な手術計画を立てます。

B. 曲がった鼻と鼻中隔湾曲症の診断および治療

下鼻甲介肥大症とともに鼻の詰まりがある場合、鼻づまり手術を同時に行います。

C. 鼻の骨の広さを分析

鼻骨の広さを正確に分析して、必要な場合は鼻整形の際に鼻の骨骨切り術を同時に行います。

D. 下鼻甲介肥大症の診断と鼻づまりの手術

下鼻甲介肥大症とともに鼻づまりがある場合、鼻づまりの手術を同時に行います。

一般鼻整形 VS ブラウンの3D-CT鼻整形

目では確認できないブラウンの3DCT鼻整形独自の精密さ、ブラウンの鼻整形がより完璧な理由です。

一般の鼻整形 ブラウンの3D-CT鼻整形
VS
一般のカメラ撮影と視診 手術前の分析 鼻整形専門の3DCT立体撮影による分析
精密な鼻の状態を把握しにくく、
体系的な手術計画が困難
手術計画 3DCTで分析して機能的な部分まで考慮した、
安全で正確な手術計画を樹立
手術計画と結果が不十分の可能性あり 結果 より安全で予測可能な鼻整形が可能
矯正が困難 機能的な部分 機能的な部分まで改善
シリコン、ゴアテックスなどの
挿入物や鼻内側の状態把握が難しい
再手術 挿入物や骨切り有無などの鼻の内側の
状態を手術前に正確に判断し、
安全かつ美的に優れた鼻整形が可能

ブラウンの3D-CT鼻整形の特徴

鼻整形専門医療スタッフ

ブラウン整形外科の鼻整形システムは、整形外科 / 麻酔痛症医学科の専門医で構成されています。カウンセリングから手術、アフターケアまで、豊富な臨床経験と優れた技術力をもつ鼻整形専門医療スタッフが正確な手術計画と体系的な手術を行い、安全で最も美しい鼻整形のために努力します。

手術情報

  • 手術時間

    1時間

  • 麻酔方法

    睡眠麻酔

  • 入院治療

    入院なし

  • 抜糸

    5日、2週間

  • 日常生活

    5日

3DCT鼻整形

3DCT鼻整形
ブラウンが有名な理由、それは!鼻整形専門の
3DCTで、より完璧な鼻整形を行います。

ブラウンの3DCT鼻整形とは?

1. 世界的に認められている
整形外科学術誌論文に記載

ブラウン整形外科の最先端の技術力による
顔面輪郭、鼻整形手術 3DCT鼻整形TM

2013年整形外科最高権威の学術誌 「Plastic and Reconstructive Surgery Global Open」 3DCTによる鼻整形論文 ブラウン整形外科の医療スタッフは、鼻整形の技術力を認められ、最高権威の学術誌PRS[Plastic and Reconstructive Surgery Global Open]に2013年3DCTを使った突出口鼻整形、両顎後論文を掲載して、ブラウン独自の最先端の鼻整形の技術 力で世界中の医療関係者の注目を集めました。

2. 5年連続で大韓整形外科学会
国際学術大会発表

研究する整形外科、ブラウン整形外科

2011年 鼻整形における3DCTの有用性
2012年 3DCTを使った骨折した患者様の鼻整形術
2013年 3DCTを使った鼻整形術
2014年 3DCTを使った突出口鼻整形、両顎後の鼻整形
2015年 3DCTを使った鼻の再手術

なぜ?3DCT撮影が必
要なのでしょうか?

鼻整形専門の3DCTを使って正確に分析して、最も安全で美しい 鼻を完成させます。一般的なカウンセリングでは確認できない鼻 の骨や鼻中隔軟骨、非対称などを立体的に分析します。 特に再手 術の場合、プロテーゼなどの挿入物の形や異常な点を確認するこ とができ、鼻の内側の鼻中隔湾曲症などの機能的な部分までチェ ックして、正確で安全な手術計画を立てることができます。

一般の鼻整形は分からない。
3DCT鼻整形は分かる!

A. 鼻中隔軟骨の様々な形や大きさを分析

鼻中隔軟骨を使って鼻整形を行う際、手術前の鼻中隔軟骨の様々な形や大きさを分析して、正確な手術計画を立てます。

B. 曲がった鼻と鼻中隔湾曲症の診断および治療

下鼻甲介肥大症とともに鼻の詰まりがある場合、鼻づまり手術を 同時に行います。

C. 鼻の骨の広さを分析

鼻骨の広さを正確に分析して、必要な場合は鼻整形の際に鼻の骨 骨切り術を同時に行います。

D. 下鼻甲介肥大症の診断と鼻づまりの手術

下鼻甲介肥大症とともに鼻づまりがある場合、鼻づまりの手術を 同時に行います。

一般鼻整形 VS
ブラウンの3DCT鼻整形

目では確認できないブラウンの3DCT鼻整形独自の精密さ、ブラウンの鼻整形がより 完璧な理由です。

一般の鼻整形 ブラウンの3DCT鼻整形
VS
一般のカメラ撮影と視診 手術前の
分析
鼻整形専門の3DCT
立体撮影による分析
精密な鼻の状態を
把握しにくく、
体系的な手術計画が困難
手術計画 3DCTで分析して
機能的な部分まで
考慮した、安全で正確な
手術計画を樹立
手術計画と結果が
不十分の可能性あり
結果 より安全で予測可能な
鼻整形が可能
矯正が困難 機能的
な部分
機能的な部分まで改善
シリコン、ゴアテックスな
どの挿入物や鼻内側の
状態把握が難しい
再手術 挿入物や骨切り有無
などの鼻の内側の状態を
手術前に正確に判断し、
安全かつ美的に優れた
鼻整形が可能

ブラウンの3DCT鼻整形の特徴

鼻整形専門医療スタッフ

ブラウン整形外科の鼻整形システムは、整形外科 / 麻酔痛症医学科の 専門医で構成されています。カウンセリングから手術、アフターケアまで、豊富な臨床経験と優れた技術力をもつ鼻整形専門医療スタッフが正確 な手術計画と体系的な手術を行い、安全で最も美しい鼻整形のために 努力します。

手術情報

  • 手術時間

    1時間

  • 麻酔方法

    睡眠麻酔

  • 入院治療

    入院なし

  • 抜糸

    5日、2週間

  • 日常生活

    5日

  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi
  • TOP BUTTON
  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi