目の再手術

目の再手術

2度の失敗はない。
誤った手術の原因を正確に分析して手術します。

憂鬱な目の手術失敗の痕跡をきれいに消す

美しい目にしたくて目の手術をしたものの、美的または機能的な失敗により再手術をする場合があります。手術が失敗した理由として、副作用が生じた場合、本人が願った形にならなかった場合、結び目がほどけた場合と様々です。最初の手術よりも入念な検討と努力が必要な目の再手術再 手術は、特に原因を正確に把握することが最も重要です。目を開ける筋肉、皮膚の厚さ、瞳孔の位置、目尻の角度はみな異なるため、各自の顔にピッタリ合った正確で丁寧な分析と 細やかな手術が必要です。ブラウン整形外科は、問題点とそれに合った手術法を正確に把握して慎重に手術を行います。

最適な目の再手術の時期

個人差が大きい目の整形。再手術の時期を適切に決めることが非常に重要です。最初の手術の癒着現象が消えて、目の組織が安定する6ヶ月以上 ~ 1年経過してから再手術を受けるのが最も適した時期です。ブラウンでは、精密な写真による検診の後、目の再手術の時期を決定します。

  • 1. 手術後6か 月以上経過

  • 2. 手術部位の 赤みが消えたとき

  • 3. 手術部位の 赤みが消えたとき

  • 4. 炎症がないとき

再手術が必要な代表的な事例

  • 事例1. 二重まぶたが厚すぎる。

    手術の際に脂肪を取り除かなかったことが主な原因です。既存の二重まぶたのラインを取って必要ない脂肪組織を 取り除き、自然な形に作ります。
  • 事例2. 二重まぶたのラインが高い。

    ラインを高い位置に取りすぎたときに起きる現象で、高さを低く再調整する手術をします。
  • 事例3. 二重まぶたが薄すぎる

    手術後、目の皮膚が垂れ下がったり、最初から手術の ラインを低くしすぎたことが主な原因です。伸びたまぶたを上げて固定させたり、低いラインよりもさらに 高い位置にラインを再び縫合する必要があります。
  • 事例4. 二重まぶたが左右バラバラ

    ラインを誤って取ったり、目や筋肉の力が異なる場合に現れます。ラインの高さを取り除いて、両目の筋肉をすべて固定して改善させることができます。
  • 事例5. 二重まぶたが元に戻った

    手術後にラインを弱く固定した場合はほどける場合があります。この場合、簡単な方法で解決することができます。自然癒着、埋没法、非切開目元矯正など、切開しなくても充分に手術が可能です。
  • 事例6. 手術後、前より目が小さくみえる

    眼瞼下垂の症状があるのにこれを矯正しない場合、手術をしても目が小さくみえます。この場合、適切な目元矯正を並行して行うことで、大きくはっきりとした目に改善します。
  • 事例7. 二重まぶたまたは目頭切開、目尻切開の後、傷が残った。

    傷が酷い場合は、再び傷跡のある部位を切開する必要があります。傷跡がある部位の組織を精巧に除去した後、縫合します。
  • 事例8. 目が閉じない

    筋肉を引っ張りすぎたり、除去した場合、手術後目を閉じられない可能性があります。矯正しすぎた目の筋肉を弱くするか下げて解決します。
  • 事例9. 不自然で気に入らない

    手術は成功したのに、希望の目にならなかった場合です。既存のラインを除去したのち、新しくデザインして手術することができます。

知っておくべき再手術の考慮事項

単に、二重まぶたにする二重術ではなく、顔と目、全体的な調和と個人個人のイメージを考慮した目の整形を行います。ブラウン整形外科は、自分の目の形と全体的な顔の調和を考慮して、二重まぶたのライン、切開整形、目の脂肪量など、様々な方法で術後の満足度を高めます。

ブラウンの目の再手術の特徴

ラインだけ再び作る単純な再手術ではありません。
美しい堂々とした目を作る、結果に差が出るブラウンの目の再手術

1. オーダーメイドデザイン

ブラウンの目の整形の専門家が個人の特性を正確に把握し ます。どんな目が私に一番よく似合うか、目のバランスを 把握して1次手術の失敗を回復するだけでなく、より美しい 目を作ります。

2. 1次手術の失敗要因を診断

正確な原因を把握して満足度の高いのがブラウンの目の 再手術の特徴です。1次手術による組織の損傷、傷跡、目の構造と変形を考慮して繊細に矯正します。

3. 組織損傷の最少化

制限的な剝離により、これ以上損傷をうけないように最善 を尽くします。このように組織の損傷を最少化させれば、傷跡はもちろん腫れが少なくダウンタイムも短いです。

4. 分析-測定-復元システム

美しい目に生まれ変わるための完璧な構造 現在の状態を正確に分析して、最も理想的な目のための 最適なシステムです。

手術前後の写真

二重まぶたが元に戻った

二重まぶたのラインが高い。

二重まぶたのラインが低い。

目が閉じない

二重まぶたが厚すぎる。

二重まぶたが左右バラバラ

二重まぶたまたは目頭切開、目尻切開の後、傷が残った

手術情報

  • 手術時間

    1時間

  • 麻酔方法

    睡眠麻酔

  • 入院治療

    入院なし

  • 抜糸

    約5~7日

  • 日常生活

    1週間

目の再手術

目の再手術

憂鬱な目の手術失敗の
痕跡をきれいに消す

美しい目にしたくて目の手術をしたものの、美的または機能的な失 敗により再手術をする場合があります。手術が失敗した理由として、副作用が生じた場合、本人が願った形にならなかった場合、結び目 がほどけた場合と様々です。最初の手術よりも入念な検討と努力が 必要な目の再手術再手術は、特に原因を正確に把握することが最も 重要です。目を開ける筋肉、皮膚の厚さ、瞳孔の位置、目尻の角度 は みな異なるため、各自の顔にピッタリ合った正確で丁寧な分析と 細やかな手術が必要です。ブラウン整形外科は、問題点とそれに合 った手術法を正確に把握して慎重に手術を行います。

再手術のプロセス

これ以上、再手術の心配はもういらない!
「体系的な再手術プロセスを通じて、
最も美しい目を完成させます。」

最適な目の再手術の時期

個人差が大きい目の整形。再手術の時期を適切に決めることが非 常に重要です。最初の手術の癒着現象が消えて、目の組織が安定 する6ヶ月以上 ~ 1年経過してから再手術を受けるのが最も適した 時期です。ブラウンでは、精密な写真による検診の後、目の再手 術の時期を決定します。

  • 1. 手術後6か月以上 経過

  • 2. 手術部位の 赤みが消えたとき

  • 3. 事例別に時期は 異なることがある

  • 4. 炎症がないとき

再手術が必要な代表的な事例

  • 事例1. 二重まぶたが厚すぎる。

    手術の際に脂肪を取り除かなかったことが主な原因です。既存の二重まぶたのラインを取って必要ない脂肪組織を 取り除き、自然な形に作ります。
  • 事例2. 二重まぶたのラインが高い。

    ラインを高い位置に取りすぎたときに起きる現象で、高さを低く再調整する手術をします。
  • 事例3. 二重まぶたが薄すぎる

    手術後、目の皮膚が垂れ下がったり、最初から手術のラインを 低くしすぎたことが主な原因です。伸びたまぶたを上げて固定させたり、低いラインよりもさらに 高い位置にラインを再び縫合する必要があります。
  • 事例4. 二重まぶたが左右バラバラ

    ラインを誤って取ったり、目や筋肉の力が異なる場合に現れます。ラインの高さを取り除いて、両目の筋肉をすべて固定して 改善させることができます。
  • 事例5. 二重まぶたが元に戻った

    手術後にラインを弱く固定した場合はほどける場合があります。この場合、簡単な方法で解決することができます。自然癒着、埋没法、非切開目元矯正など、切開しなくても充分に 手術が可能です。
  • 事例6. 手術後、前より目が小さくみえる

    眼瞼下垂の症状があるのにこれを矯正しない場合、手術をしても目が小さくみえます。この場合、適切な目元矯正を並行して行うことで、大きくはっきりとした目に改善します。
  • 事例7. 二重まぶたまたは目頭切開、目尻切開の後、傷が残った。

    傷が酷い場合は、再び傷跡のある部位を切開する 必要があります。傷跡がある部位の組織を精巧に除去した後、縫合します。
  • 事例8. 目が閉じない

    筋肉を引っ張りすぎたり、除去した場合、手術後目を閉じられない可能性があります。矯正しすぎた目の筋肉を弱くするか下げて解決します。
  • 事例9. 不自然で気に入らない

    手術は成功したのに、希望の目にならなかった場合です。既存のラインを除去したのち、新しくデザインして 手術することができます。

知っておくべき再手術の考慮事項

単に、二重まぶたにする二重術ではなく、顔と目、全体的な調和 と個人個人のイメージを考慮した目の整形を行います。ブラウン 整形外科は、自分の目の形と全体的な顔の調和を考慮して、二重 まぶたのライン、切開整形、目の脂肪量など、様々な方法で術後 の満足度を高めます。

ブラウンの目の再手術の特徴

ラインだけ再び作る単純な再手術ではありません。
美しい堂々とした目を作る、結果に差が出るブラウンの目の再手術

1. オーダーメイドデザイン

ブラウンの目の整形の専門家が個人の特性を正確に把握します。どんな目が私に一番よく似合うか、目のバランスを把握して1次手 術の失敗を回復するだけでなく、より美しい目を作ります。

2. 1次手術の失敗要因を診断

正確な原因を把握して満足度の高いのがブラウンの目の再手術の 特徴です。1次手術による組織の損傷、傷跡、目の構造と変形を考 慮して繊細に矯正します。

3. 組織損傷の最少化

制限的な剝離により、これ以上損傷をうけないように最善を尽く します。このように組織の損傷を最少化させれば、傷跡はもちろ ん腫れが少なくダウンタイムも短いです。

4. 分析-測定-復元システム

美しい目に生まれ変わるための完璧な構造 現在の状態を正確に分 析して、最も理想的な目のための最適なシステムです。

手術前後の写真

二重まぶたが元に戻った

二重まぶたのラインが高い。

二重まぶたのラインが低い。

目が閉じない

二重まぶたが厚すぎる。

二重まぶたが左右バラバラ

二重まぶたまたは目頭切開、目尻切開の後、傷が残った

手術情報

  • 手術時間

    1時間

  • 麻酔方法

    睡眠麻酔

  • 入院治療

    入院なし

  • 抜糸

    約5~7日

  • 日常生活

    1週間

  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi
  • TOP BUTTON
  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi