乳房縮小術

乳房縮小術

乳房縮小術とは?

体型に比べて胸が大きすぎる場合、外形的な問題だけでなく、日常生活や各種スポーツ活動に支障を与え、胸の下に湿疹が 生じたり、肩こり、頚椎椎間板ヘルニアおよび脊椎の痛みを誘発させます。乳房縮小術は、このような巨大乳房の美的な目的のためだけでなく、身体的、精神的な健康と自信を回復するために必要な 手術です 。

乳房縮小術が必要な場合

乳房縮小手術の方法

  • 乳輪周囲切開
    (リダクション)

    肥大した程度やたるみがひどくない 場合に有効な方法です。最も傷跡を 残さない方法で、自然な結果を得るこ とができる方法です。乳腺組織を大量に取り除くのには限 界があるため、中度以上の巨大乳房 には適しません。

  • 垂直切開法

    乳輪周囲切開と「O」字切開法の長所と 短所を補完した手術法で、最も多く施 術される方法です。乳輪切開と垂直切 開を並行して乳腺組織と脂肪、皮膚を 除去する方法です。比較的多くの乳腺 組織の除去が可能であり、患者の満足 度も高い。

  • O字切開法

    重度の巨大乳房の場合は、組織の 大量切除に適していますが、傷が複数 残る欠点があります。傷跡の問題のためにあまり行われて いない方法ですが、胸の下垂が激しく 縮小量が多い場合に限定的に使用 されています

下垂胸矯正術

若い時や出産前は弾力があり適度に豊満で軽く上を向いた形をしていた胸が、出産と授乳を経て年もとり、皮膚がたるみ始めて 次第に下向きになり垂れ下がっていきます。胸の下垂の原因は、胸の弾力を維持させる弾力繊維が増えることにより、胸の重さに 耐えられず伸びるためです。このように変性した弾力繊維に再び弾力を与えて、伸びきった皮膚と乳腺組織を除去して従来の位置 まで戻す必要があります。

乳房縮小術が必要な場合

  • Normal

  • Case 1

    乳首が乳房下のしわより 1cm以内に下がった場合

  • Case 2

    乳首が乳房下のしわより 1cm以内に下がった場合

  • Case 3

    乳首が乳房下のしわより 3cm以上下がり、乳首が下を向いている場合 正常に乳首が乳房下のしわ より4~5cm上部にあるべき ものが、乳房下のしわよりも 下にある場合は手術による 矯正が必要となります。

手術方法

  • 垂れがそれほどひどくなく、乳房が小さい場合 挿入物による豊胸術だけで満足した結果が得られます。

  • 胸の下垂が酷い場合 乳輪周囲切開によって伸びきった皮膚を切除し、乳房組織を円錐状に集めた後、胸壁に固定させます。必要に応じて豊胸術を並行して行います。

乳房縮小術

乳房縮小術

乳房縮小術とは?

体型に比べて胸が大きすぎる場合、外形的な問題だけでなく、日常生活や各種スポーツ活動に支障を与え、胸の下に湿疹が生じ たり、肩こり、頚椎椎間板ヘルニアおよび脊椎の痛みを誘発させ ます。乳房縮小術は、このような巨大乳房の美的な目的のためだ けでなく、身体的、精神的な健康と自信を回復するために必要な 手術です 。

乳房縮小術が必要な場合

乳房縮小手術の方法

乳輪周囲切開(リダクション)

肥大した程度やたるみがひどくない場合に有効な方法です。最も傷跡を残さない方法で、自然な結果を得ることができる方 法です。乳腺組織を大量に取り除くのには限界があるため、中度以上の巨大乳房には適しません。

垂直切開法

乳輪周囲切開と「O」字切開法の長所と短所を補完した手術法 で、最も多く施術される方法です。乳輪切開と垂直切開を並行 して乳腺組織と脂肪、皮膚を除去する方法です。比較的多くの 乳腺組織の除去が可能であり、患者の満足度も高い。

O字切開法

重度の巨大乳房の場合は、組織の大量切除に適していますが、傷が複数残る欠点があります。傷跡の問題のためにあまり行わ れていない方法ですが、胸の下垂が激しく縮小量が多い場合 に限定的に使用されています

下垂胸矯正術

若い時や出産前は弾力があり適度に豊満で軽く上を向いた形をして いた胸が、出産と授乳を経て年もとり、皮膚がたるみ始めて次第に下向 きになり垂れ下がっていきます。胸の下垂の原因は、胸の弾力を維持さ せる弾力繊維が増えることにより、胸の重さに耐えられず伸びるためで す。このように変性した弾力繊維に再び弾力を与えて、伸びきった皮膚 と乳腺組織を除去して従来の位置まで戻す必要があります。

乳房縮小術が必要な場合

  • Normal

  • Case 1

    乳首が乳房下のしわより1cm 以内に下がった場合

  • Case 2

    乳首が乳房下のしわより 1~3cmほど下がっているが、胸の組織の一番下よりも上 にある場合

  • Case 3

    乳首が乳房下のしわより3cm 以上下がり、乳首が下を向い ている場合正常に乳首が乳 房下のしわより4~5cm上部 にあるべきものが、乳房下の しわよりも下にある場合は手 術による矯正が必要となります。

手術方法

  • 垂れがそれほどひどくなく、乳房が小さい場合 挿入物による豊胸術だけで満足した結果が得られます。

  • 胸の下垂が酷い場合 乳輪周囲切開によって伸びきった皮膚を切除し、乳房組織を円錐状に集めた後、胸壁に固定させます。必要に応じて豊胸術を並行して行います。

  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi
  • TOP BUTTON
  • CONTACT
  • BEFORE&AFTER
  • ONLINE COUSULTING
  • Real Selfi